福冨七郎左衛門尉疾風録

石見国浅利村・四ッ地蔵城主福冨氏5代録

2017-12-03から1日間の記事一覧

佐摩銀山(石見銀山)

享禄三年(一五三〇)も暮れようとするころ、相安の叔父八神屋與次郎兵衛が四ッ地蔵城を訪れてきた。 「どうですか商いは」 相安は子どものころから、父忠智と部屋に籠って話し込んでいた叔父の與次郎兵衛に対しては礼節をわきまえた態度を崩さなかった。 ―…