福冨七郎左衛門尉疾風録

石見国浅利村・四ッ地蔵城主福冨氏5代録

2017-06-19から1日間の記事一覧

室神屋(やかみや)

文明五年(一四七三)、十歳になった正秋(まさとき)が、武家を離れて海商室神屋與次郎兵衛吉久の養子となった。 室神屋は海商を営む地侍である。主として玉鋼を商いしている。江川(ごうがわ)の河口から三里ばかり遡上した扇状地に屋敷を持っていた。 玉鋼は…