福冨七郎左衛門尉疾風録

石見国浅利村・四ッ地蔵城主福冨氏5代録

2017-05-30から1日間の記事一覧

初代・福冨七郎左衛門尉藤原治堅

宝徳三年(一四五一)三月(新暦・四月中旬)、石見国は春爛漫の季節を迎えていた。 山野に若葉が満ち、田畑に咲き誇る菜の花が黄色く村を染めている。 道は左手の城山を迂回するように曲がって、谷の奥に続いている。 五町(五百メートル強)ほど奥の堤(つつ…